« おてがみ-2018.10月号 | メイン

おてがみ-2018.11月号

letter1811.jpgお元気でお過ごしのことと思います。
今年も残すところあと2ヶ月になってしまいました。
皆、あっという間に1年が過ぎてしまうと話しています。
もしかしたら地球の自転が早まっているのではないでしょうか。
だって孫たちですら早く過ぎるといっていますから。
急に寒くなり風邪をひくかたがふえているように思います。
また、のみ込みがうまくいかず自分の唾液にむせてしまい、咳こむかたも多いように感じます。
「あいうえお」などと、口を大きく動かして体操すると寒さにこわばってしまっている筋肉をほぐすことができます。
又、顎関節の痛みに対しても対応できると考えます。
顎には筋肉があり、それが肩こりのようになるといろいろな問題をおこします。
これからの冬に対して、問題がおこらないように今から対応してくださいませ。


続きの記事
◆<お口の健康>
◆<感染予防>

<お口の健康>
自分の歯で食事をよく噛みおいしく食べることができる事は大切です。
よく噛むことにより脳の働きが活発になり、又、唾液の分泌を促し、消化を助け、口の中をきれいに洗い流す働きをします。
体の健康をつくる基礎となります。
ただ、歯が丈夫ではなくてはよく噛めません。
虫歯と歯周病は、歯を失う原因となっています。
歯科疾患の早期発見、歯を長持ちさせる為にも定期的に歯科検診を受けましょう。
いつまでも自分の歯で楽しくすごせる様、歯とお口、体の健康を守りましょう。


<感染予防>
・手洗い・加湿・食事で予防
空気が乾燥する季節は感染症に注意したいもの。
ちょっとした心がけが予防につながります。
飲み物はこまめに水分を補給することは、感染症予防の基本のひとつ。
お茶や乳酸菌飲料なども感染に強い体づくりに役に立ちます。
・リンゴポリフェノールのエピカテキンには、免疫力を高める働きがあります。
皮ごと食べるのがおすすめです。
・セロリにはウイルスの増殖を抑えるビタミンCとともに、粘膜を正常に保つβカロチンが豊富に含まれています。
・長いものディオスコリンという成分には、インフルエンザウイルスの活性を抑える作用があるという研究結果があります。
・リンゴとセロリのヨーグルトサラダ
りんごは皮、セロリは葉にビタミンなどが豊富です。
りんごを皮ごとスライスして、セロリの葉や茎と一緒にサラダでいただきましょう。
腸から免疫力をととのえるヨーグルトを使ったドレッシングでさわやかに・・・

HOME 院長あいさつ 医院案内 診療案内 アクセス 診療カレンダー リンク

About

2018年11月09日 16:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「おてがみ-2018.10月号」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35