2017年06月21日

おてがみ-2017.06月号

letter1306.jpg春を通り過ぎて夏になってしまいました。
梅雨本番のこの頃です。
私は、大学院卒業を目指し、日夜努力をしています。
といっても、指導教官の指示に従って動いているので、年も年でフーフーいっていますが。
6月7~9日まで、岐阜で法医学会が開催されました。
この学会に、純粋に勉強をしに行ってきました。
いくら一粒が気管に詰まってしまって、亡くなった例などを聞くと、どうしたらそんな悲しいことを防げるのかと、考えてしまいます。
少しでもそんなつらいことが起きないように予防策がないかを考えていきます。
帰ってきたら、いよいよ大学院の予備審査に向けて再度勉強開始です。
何とか9月には晴れて卒業したいと思っています。


続きの記事
◆<8020運動>
◆<集中力>

続きを読む "おてがみ-2017.06月号" »

2017年05月12日

おてがみ-2017.05月号

letter1304.jpgお元気でお過ごしのことと思います。
私は卒論を書いているところです。
大学院4年間はあっという間のできごとのようで、女子大生気分にはあまりひたれずに終わってしまいそうです。
法医学教室の先生がたには本当にお世話になっています。
今は無事に卒業することが何よりのお礼だと思っています。
最近、ちょっと気がついたことがあります。
牛乳が体に良いということがいわれていますが、日本人には乳糖を吸収する力が3割の人にしかなく、ただ、排出されてしまうそうです。
アメリカ人は皆吸収できるそうです。
しかし海藻を吸収できるのは日本人だけで、逆にアメリカ人は吸収する酵素を持っていないそうです。
ガンにも日本人にとってはみそ汁が良いそうで、やはりお国や生まれにより、体が持っているものが違うのですね。
私も毎日みそ汁は飲んでいます。
これからも体を大切に。


続きの記事
◆<乳酸菌(ヨーグルト)と口腔内細菌>
◆<良い眠りを得るには 体温 食事 光 が大切>

続きを読む "おてがみ-2017.05月号" »

2017年04月17日

おてがみ-2017.04月号

letter1304.jpg桜の花が咲いたという知らせがとどいたのに、ここ数日寒い日が続いています。
今日から新しい世界に飛びこむかたがた、がんばって下さいね。
上の孫は、通っていた小学校が閉校になり、新しい学校に通うようになりました。
新しい友達との出会いを楽しみにしているようです。
私は大学院4年目、あと半年で卒業を迎えます。
なんといっても卒論、博士号論文が通らなければ、卒業という門をくぐることができません。
4年前、仕事場と自宅との行き来だけで、もう脳みそは働かないのかと反省し、大学院を受験しました。
あこがれの大学院生活でしたが、現実は本当に大変、両立なんてできませんでした。
なんとかあと半年で卒業し、いえ、その前に猛勉強し、終わり良ければすべて良しにしたいと思っています。
休診がありますが、どうぞ温かい目で見守って下さいませ。


続きの記事
◆<「8020(ハチマルニイマル)」健康長寿への道>
◆<大葉>

続きを読む "おてがみ-2017.04月号" »

2017年03月10日

おてがみ-2017.03月号

letter1301.jpgもうすぐ春の足音が聞こえてきます。
お元気でお過ごしのことと思います。
孫のためにと植えた河津桜が3年目にして、ようやく枝一杯に花をつけるようになりました。
ピンクの濃い色が特長的で、めじろが花の蜜を集めにくると、もう春なんだなぁと、見とれてしまいます。
小学3年生になった孫を朝送っていくことを日課にしているので、歩くことができて、少し運動し体を鍛えている気になっています。
花粉症ですが、薬を飲まないで乗り切れないかと考え、患者さんが教えてくださった、しその葉2~3枚食べるという習慣にしました。
レモン酢、しょうが、らっきょう、うめぼし、しらす干し、しその葉と、毎日、朝、食べるようにしたら、花粉症が楽になり、血圧も安定してきたようです。
皆様は、健康について、気にしていること、食べているものありますか?
お互い元気で生活していたいものです。
もう少しすると梅酢もつけ加えることになる時期がきます。
お体大切に。


続きの記事
◆<花粉症対策について>
◆<肌トラブルの原因と対策について>

続きを読む "おてがみ-2017.03月号" »

2017年02月07日

おてがみ-2017.02月号

letter1402-1.jpg日本列島は、寒い雪の国になっていたり、4月なみの天候だとコートを脱いでいるところありで、とても不思議な場所になっています。
孫のためにと植えた河津桜が3年目にして、とてもみごとに花を咲かせました。
濃いピンクのとても春らしい色です。
何となくホっとした気持ちになります。
最近、寒いこともあるのか、水不足でお口の中がとても乾燥していると思う患者さんが増えています。
目や口がかわくと、体全体が乾燥してしまい、インフルエンザの菌を増殖させてしまうことになります。
どうぞ、うるおった体を保ってください。
私は、風邪のために鼻をかみすぎて、皮がむけてしまいました。
やはり乾燥によるものです。
皆さんも大切にして下さい。


続きの記事
◆<指しゃぶりについて>
◆<大人のぬり絵>

続きを読む "おてがみ-2017.02月号" »

2017年01月16日

おてがみ-2017.01月号

letter1701-1.jpgあけましておめでとうございます。
年末年始は、楽しく過ごされたでしょうか?
私は、一人のんびりのお正月でした。
年末の鐘つきを行い、いっぱい飲んで、新年のあいさつをしてまた飲んでと、おはらしょうすけさんの二代目です。
今年は、大学院4年生、最後の年です。
秋入学だったので、今年の9月には卒業を迎えることになります。
しかし、卒業するには論文を完成させなければならず。
まだまだ難題が、つみ重なっています。
今年もまじめに生きていくつもりですので、どうぞ、何かあったら相談して下さいませ。
あと、女子力を磨かなければと心に決めましたので、この一年でどのくらい女子力があがるかチェックしていてくださいませ。
皆様にとって、良い一年になりますよう、お祈り申し上げます。


続きの記事
◆<口腔ケアでインフルエンザを予防>
◆<風邪の予防法>

続きを読む "おてがみ-2017.01月号" »

2016年12月17日

おてがみ-2016.12月号

letter1312-1.jpg師走という時期になってしまいました。
この一年は、本当にあっという間に過ぎていってしまいました。
だれに聞いても、早かったという答えが返ってきます。
もしかしたら、地球の自転が早くなってしまったのではないでしょうか?
八巻歯科医院もメンバーが増えました。
衛生士さんが一人入ってくださり、今まで以上に、にぎやかな女の園になりました。
よろしくお願いいたします。
寒くなったせいで、お口の中が乾燥しているかたが多いように感じます。
目も乾くというかたもいらっしゃいます。
お水はたりていますか?
再確認してください。
水を飲まないと、体の血はドロドロになってしまい、肌も乾燥してしまいます。
脳卒中、心筋梗塞などにならないよう、水をとることを忘れないで下さい。
来年もよいお年を迎えていただけますように。


続きの記事
◆<歯(お口)の健康は自分ひとりでは守れない?>
◆<元気な百寿者の生活習慣>

続きを読む "おてがみ-2016.12月号" »

2016年11月02日

おてがみ-2016.11月号

letter1611-1.jpg何と! あと2ヶ月で今年も終わってしまいます。
年をとると、1年が経つのがとても早いと思います。
毎日忙しいといって過してしまい、立ち止まって空を見上げて反省することをしないと、このまま一生が終わってしまいそうな不安を感じます。
人は、体だけでなく心と魂があり、それが一緒になって一人が出来ていると教えられました。
まだまだ、この年で成熟していないので、もう一度魂を磨こうかと思います。
そういえば、2才になった孫は、とても透明な瞳をしています。小学校3年生で最近おとなのような口のきき方をする孫も同様に。
自分で鏡を見て、自分の瞳がにごっているような気がしました。また、反省ですね。
あと、残った2ヶ月、大切に生きましょう。


続きの記事
◆<オーラルフレイル>

続きを読む "おてがみ-2016.11月号" »

2016年10月13日

おてがみ-2016.10月号

letter1610-1.jpg台風が次から次へと、日本列島を襲ってきます。
それとともに秋の風景を目にすることができ、とても季節の移り変わりを感じています。
季節の変わり目は、とても不思議なことに歯肉の炎症が多く見られます。
歯槽膿漏の予備軍!
いつもより、少しやさしく歯ブラシをしてください。
私は大学院4年生になりました。
あと1年だけ女子大生気分を楽しもうと思います。
でもあっという間に時間は過ぎてしまいますね。
この1年大切に過ごしたいと思います。
気温の差が1日でとても変動が激しいです。
大切に毎日お過ごしください。


続きの記事
◆<発音練習>
◆<睡眠の質をよくするために>

続きを読む "おてがみ-2016.10月号" »

2016年09月14日

おてがみ-2016.09月号

letter1609-1.jpg

年齢を重ね心身の活力(筋力、認知機能、社会とのつながりなど)が低下した状態を「フレイル」と言います。
フレイルは「虚弱」を意味する英語「frailty.」を語源として作られた言葉です。
多くの人が健康な状態からこのフレイルの段階を経て要介護状態に陥ると考えられています。
また、高齢者の些細な口腔機能の衰え(滑舌の低下、食べこぼし、わずかのむせ、噛めない食品の増加)による、虚弱や老衰など介護が必要となる一歩手前の段階を「オーラルフレイル」といいます。
この衰えが全身の健康に影響することもわかってきています。
神奈川県では、全身のフレイルの入り口ともいえるオーラルフレイルの予防や改善に関する調査や取組みを進め、県民の「口から始まる健康寿命の延伸」を目指していきます。

もう9月になりました。
今年もあっという間に過ぎていきます。
オーラルフレイルは大切な考え方です。
当院でも、この考え方に従って、お口全体の健康を守っていこうと思っています。
いつまでも笑顔でいてください。


続きの記事
◆<癒しのリラクゼーション>

続きを読む "おてがみ-2016.09月号" »

HOME 院長あいさつ 医院案内 診療案内 アクセス 診療カレンダー リンク
Powered by
Movable Type 3.35